外国語学習の計画を見直さなければ・・・

昨日のことだが、東南アジア出身の方の英語を聴いて、なぜか少しほっとした。
昔、日本でよく香港やシンガポールの英語ニュースを見ていたせいなのかもしれない。

さて、最近HSKの勉強をしている傍ら、中国の子供向け学園ドラマ(と言っても充分大人も楽しめる)を見返している。

そのぐらいならば、字幕を見なくてもほとんど意味がわかる。
普通の中国ドラマでも、シリアスすぎるものでなければ、字幕を見なくてもある程度の意味はわかる。

だが、これがニュースとなると、字幕がないと大変・・・。

今回安全策で4級を受ける私の中国語能力は初級の域を抜け出ていないに違いない。

来週の試験の出来次第で12月に5級を受けてみるつもりでいる。

それはともかく、真面目に勉強してみると、中国語能力を活かさない手はないと思い始めている。
今後時間があれば、HSKだけでなく中国語検定やTECCも受けてみたい。

だが、以前TOEICを受けたのが12年は前であり、そちらも受けておくべきだと思っている。
そしてTOPIKも受けてみたい。

他には新しいアジア言語を勉強したいし、西洋言語も少しは勉強したことがある言語に手をつけたいと思っている。

しかしすべてを真面目に行えば、すべて伸びなくなる。

そろそろ計画を見直したほうがいい時期に来ているのであろう。





スポンサーサイト