外国語試験はどこまでを求められるのか

昨日までの3日間は浩然の気を養いに出かけた。
そのため勉強はほとんどしていない。
それでも出かけた先は観光地であり、外国人の方もとても多く、少しは外国語の勉強になったかも。

(途中突発事項により、電車に乗る直前と降りた後に個人携帯を用いて取引先と連絡をする羽目になったが・・・。)

先程車で出かけた折に、HSK5級の聴解音声を流していた。
4級はほとんど聴き取れたのだが、やはり5級となるとそうもいかない。

それでも記述の練習と文法のおさらいさえしっかりしておけば、旧HSK6級程度の点数は確保できるかもしれないと思えてきた。

先日受けたHSK4級は受かるであろう。
それは旧HSK5級程度なので、一応中国滞在時代に計画した目標は達成したことになる。

だが、やはり中級範囲のレベルとなるHSK5級(の180点以上)も取得しておきたい。

ただ上級の部類になるHSK6級(旧HSK9~11級範囲)も、中国語の他の試験で考えれば、まだまだ中級レベルなのである。

それを考えると目眩が起きるのだが、日本語能力試験の最高峰N1がTOEICで考えれば、600点程度だと言われるのと同じこと。
(ちなみに同じ日本語の試験で考えるとJ-TEST650点ぐらい。)

つまり国際言語試験というのはやはり非母語話者のことを考えて作られているということになる。

(中国語検定の難しさは「中国の大学の日本文化関連科目で『こんなこと普通の日本人わかんねえよ!』ということまで問われるのと同じような感覚」かもしれない・・・。


スポンサーサイト