やはり韓国語は必須かなぁ・・・

信樂團の“死了都愛你” は 박완규(朴完奎)の“천년의 사랑”(千年之愛)。
同じく信樂團の“離歌”は김건모(金健模)の“ 버담소리”(BUT I'M SORRY)。
弦子/潘玮柏の“不得不愛”はFree Styleの“Y(Please Tell Me Why)”。

中国語学習者にも有名なこの三曲はすべて韓国語のほうが原曲である。

と車の中でこの3曲を二言語で聴いていた。
“死了都愛你”も“離歌”も中国在住時によく朝鮮族の友人がKTVで歌っており、私も時々歌うことがあるのだが、(下手な中国語はともかく)やはり高音でついてゆけない・・・。

“不得不愛”は2006年秋の一時帰国(秋の帰国はその一度だけ)の時にチェックしたNHK中国語会話で使われていたため、耳に残っていたのだが、当時は韓国語版があり、そちらのほうが原曲であることなど知らなかった。

すべては中国で朝鮮族の友人と出会ったり、韓国ドラマオタクになってから知ったこと。

中国に興味を持ち始めたのは中一の時なのだが、同時に韓国にも憧れており、さらにはけっこう様々な縁繋がりもある。

今私はかなり悩んでいる。
初級の途中で止まっている韓国語を勉強し出すのか、先に英語にするのか、それとも違う言語にするのか・・・と。

12月に受けるつもりのHSK5級の勉強もしているのだが、合間に情報入手や気晴らし、復習や調査として他の外国語も見たり聴いたりはしている。

多言語学習の順番が狂った原因は日本帰国が早まったことなのだが、帰国して2年も過ぎているのに狂ったもへったくれもない。

とりあえず一度に手をつけてよいのは四言語とは決めてある。
もちろん一番目から四番目という時期による優先順位と構成比率は定めなければならない。

中国語と英語、韓国語ともう一つ西洋言語をひとつ。

だが、これから先を考えて、ベトナム語やタイ語、インドネシア/マレー語もかなり気になっている。

本当は五言語にしたいのだが、四言語でも私には一言語多いと感じている。


ただここでうだうだしていても時間の無駄。
やり始めてみれば、自然に流れができるのかもしれない。








スポンサーサイト

どうして中国で見られないブログを選んだのか

私は中国で古いパソコンを使っていたときから、主に軽くて使いやすいChromeを使っている。
2012年夏に買ったこのパソコンは何故かIEとの相性が良くないため、自然とChromeを多用している。

だがこの1か月以上Chrome上でIMEがうまく作動しない。
これはFlashのせいなのだが、だからといってそれを切ると、うまく作動しない部分も出てくる。
そのたびにオン、オフというのも厄介。

日本語に関してはGoogleのものは問題なく使える。
だが、他の言語はMSであろうと、他のものであろうと使えない。

Flashの更新通知が来て、入れ終わった直後は使えるものが増える。
だが翌日はもうだめ・・・。

外国語を打つときは一度Wordなどの上で打って、コピー&ペーストをするしかない。

いっそ思い切って他のブラウザにしようかと思うのだが、中国と関わっているとChromeは実に助かるのである。
例えば豊富な拡張機能を使えば、IPを切り替えなくてもYouke等の中国本土の動画を見ることも可能なのである。

話は変わる。
私は今まで他の会社のブログを使ってきた。
特に2012年の“co.jp規制”のときに予備で使いだし、1か月以内にメインブログにしてしまったところは実に使いやすい。

私は2014年夏まで広東省に住んでいた。
中国のネット規制により、2008年頃からFC2ブログを見ることができなかった。
ブログ内容の種類によっては無料VPNで時々見られることもあるのだが・・・。
(有料ならば見ることができます。)
そして現在はまた中国のけっこう多くの場所で見ることができないはず。

それなのになぜ私はFC2を選んだのであろうか。

以前私はある団体に所属していた。
そこである要請スピーチのYou Tubeアドレスが頻繁に送られてきた。
それを中国在住の会員に平気で送りつけてくることが苛立たしかった。
私はけっこうはっきり言うほうなので、文句をつけたのだが、その後も何度か・・・。

そこの所属員で中国にいた方は多かったはず。
それなのにそんなことを平気でやってきたのである。

(尖閣問題の頃を思い出せば、中国在住者は某政治家の発言などから国からも守られていないように思える。
もっとも私は好きで中国に渡ったので仕方ないのだが、仕事や家族滞在などで自分の意志とは関係なく住む方もいるのである。)

今私がそこを脱退しているのは現在関係ない仕事をしているからなのだが、現地採用の人間が乏しい日本の貯金で年会費を支払っていることが悲しくなった経験。

おまけに有料VPNを使うことができない自分の財力も情けなかった。

このブログを立ち上げたのは今年の6月下旬。
メインのブログからは趣旨が外れる内容を記すためと、有事の場合の予備として。
当初はメインブログと同じところにするつもりであった。
だが、2つ並べてログインするには違うブログのほうが楽なのである。

だが今まで使ったことがないブログで使いやすく、おまけに“co.jp”ではないところを考えると、
FC2とアメーバになるのである。

日本に住んでいるのに”co.jp”だけはトラウマになっている・・・。




私には南方訛のほうが聴きやすい

昨日とある試験を終わらせた。
一日がかりであったことと、この10年のなかで最大に勉強したせいか、終わったあとにガタが来た。

そんな状態であったにも関わらず、地元の駅に着いた後、車の中で約4週間ぶりにHSK5級の聴解音声を聴いてみた。
なんと以前よりもはっきり聴こえることに気がついた。
それは本日も感じている。

もちろん聴解には自信があり、HSK4級のときは音の出ない鼻歌混じり状態で試験を受けている。
それに、ちょうど聴いたところは一度スクリプトも見ている。

それでも9月まではさすがに5級ともなれば、鼻歌混じりとはいかなかったのである。

原因のひとつは、約1ヶ月勉強しなかったことで、頭の中が整理されたのではなかろうか。
これは中国の日本語学校の学生が中級から上級の間に3~5、6週間の休みをおいたことで、飛躍的に聴解や会話能力が上がることと似ている。

そしてもう一つの原因は、この約1ヶ月の間のある試験の勉強の合間に息抜きとしてYou Tube等の(主に)中国語のビデオ見ていたからだと思える。

それもなるべく中国本土の南方出身者や台湾や東南アジア出身の方々のものを見ていた。

その理由は中国広東省で暮らしていた私は、中国南方諸方言や韓国語を聴いたときに、知らない単語でもなんとなく理解してしまうことがあるので。

もちろん見ていたのは主に中国語普通話というか国語なのだが、南方の発音のほうが聴きやすいことが大きな要因なのである。

もともとは日本語や韓国・朝鮮語母語話者の話す中国語普通話のビデオを探していた。
だが、それらを探しているときに、いくつかハマってしまったYoungerのものがあり・・・。

(本日はとてもとても疲れており、勉強までには至らないであろうが、昔の香港映画を北京語で見てみようと思っている。)


10月は寝不足が続き・・・

この1ヶ月はかなりの寝不足であった。
仕事の後にそれなりの勉強をしていただけでなく、ストレス解消を兼ねたYou Tubeなどによる外国語のビデを視聴もしていた。

明日外国語ではないが、自分にとって大切な試験を受ける。
その一日がかりのとても疲れる試験の後少し楽になる。

月曜からはHSK5級の勉強開始の予定だが、最初の一週間は多少頭も心も休めたい。

こんばんは早く寝るつもり。

意欲停滞期・・・

今月私にとっては外国語ではない試験を受ける。
だが、語学には関係している。
現在その試験勉強がメインなのだが、それでもやはり外国語には触れている。

やはり一番多いのが中国語普通話。
そして広東語、韓国語、英語。
たまに閩南語や客家語。
時々違う言語。

いまだに12月のHSKの後にTOEICを受けようか、それを考えずに春のTOPIKを目指そうかと悩んでいるのだが、中国語の次に覚えたほうがいい、必要だと思うのは当然英語なのである。

英語も昔に比べれば、かなり聴いてわかるようになってきた。
だが、中国語同様に話せない・・・。

使わないこともあるのだが、普段そこまで外国語でのアウトプットを行っていない証拠かと。

そういうわけで、最近は電車の中とか車の中とかで外国語思考のときがある。
車などのように状況がゆるぜば、声に出すこともある。
電車の中で対面ベンチシート出ない場合には口を動かすこともある。
(ただ、この数か月は帰りの電車でも眠くなることがあり・・・。それに時間帯から特急なのにたいてい対面ベンチシート。)

それはともかく、何かこう熱く燃える言語が現れないかとも思っている。
なんだかんだ言っても、一番は興味が有ることが大切なのであるし。
結局私は怠け者。
鼻先に何か餌をぶら下げなくては・・・。

HSK4級に合格しました

HSK4級  
听力:91阅读92/写作:79/総得点:262/判定:合格

とにかく受かることだけを考えていた。
新HSKは旧HSKと違い科目のバランスが悪くても合格するはずなのだが、それでも“写作”が足を引っ張ると思ったので、安全策で“听力”も“阅读”もちょっとだけ手を抜いておいた。

とはいえちょっとだけ手を抜いただけなのに90点をわずかに超えただけであることと、写作”が80点を切ったことは、5級の勉強はもう少し真面目に行わないと旧6級の点数までは取れない(つまり不合格)の可能性もあるということ。

とりあえず履歴書の幾つかは書き直しておいた。

今から今月受ける試験の勉強をする。







HSK5級受験を申し込みました

昨晩12月のHSK5級受験を申し込んだ。
本来であれば、明後日11日に9月に受けた4級の結果を見てから申し込むつもりであった。

だが、あれこれバタバタしており、申し込みを忘れそうな気がしたために、思い切って申し込んでおいたのであった。

ただ本来私が知っていた情報は「WEBでの申し込みは14日から」ということであった。
それが先週の終わり頃から申し込めるようになっていたことが意外であった。
まあ、おそらく私の記憶違いであろう。
それよりも、受験票などには2B鉛筆、WEB上のどこかの情報だとHB鉛筆というややこしい表記だけは改善していただいたいものである。

ただ、この試験の本格的な勉強は個人的なスケジュールから今月(10月)の第四月曜日からとなる。
5級で旧HSK6級の点数は取りたいと思うのだが、ネックは作文。
それを考えれば、4級合格を見届けてから申し込めばよかったかと・・・。

確かに4級合格の自信はある。
しかし、(何度も確認したものの)マークし間違いや(言語が違うが国際言語試験では)中国での日本語能力試験が(2010年より)新形式になって4回ほどはあれこれと信じられない得点結果が発生していたことを考えると、不安はある・・・。
(日本語能力試験のこの件についてはあまり表に現れていない。)

さて、夜に勉強できる環境がもう数か月増えるかもしれないので、その場合は来年春のTOPIKをほかってTOEICを受けようかと思っている。

確かにTOEICの方が年に何度も受験のチャンスはあるのだが、様々なことから英語の重要性を感じるので。

しかし、一番大切なのは己の心。
TOEICを受けるか、TOPIKの受験準備に充てるかはそれを考えてから決めたい。

最初は広東語の方が得意だったのだが・・・

最初は中国語普通話よりも、広東語に興味があった。
中国で最初に赴任した場所は広東省の広東語隆盛地域であった。
広東語が少しわかったおかげで、へたくそな普通話でも生きられたのだと思う。

そのように最初は広東語もかなり使っていた。
しかしそのうちに段々と使わなくなった。

それでも次の都市(普通話隆盛地域)に移動して最初の数か月までは使っていたかと思う。

使わなくなった理由。
もちろん普通話能力が上がったこともあるのだが、余所者への対応でも平気で広東語を使うことにイライラし始めたので。

例えば広東省のある広東語隆盛地域の高速バスターミナル。
2006年当時のアナウンスは普通話も広東語も英語もあった。
だが、バス乗り場の検札は広東語。
バスの遅延によるバスの入替えも広東語・・・。
高速バスターミナルである。
他省からの移動客もいる。
私は日本人。
私が若干広東語がわかったのでよかったのだが・・・。

最初に住んでいた広東語隆盛地域のお店での買い物も、こちらがいくら普通話で話してくださいと言っても、数分後には広東語に戻っていたり・・・。

別に本人たちには悪気はない。
だが、せめて公共の場所では普通話を優先にしていただきたいものである・・・。

自分自身も経験がたくさんあるのだが、広東省では時に『少林サッカー』的な会話になることもある。
つまり、一方が広東語、片一方が普通話での会話・・・。

ちなみに生まれつきの広東人でも広東語がわからない方はいる。
普通話隆盛地域や広東語や普通話以外の隆盛地域(例えば客家語)もある。

それなのに、この気遣いなしはいったい何?
広東語話者って何様??

そんな経験から段々と普通話で話すようになっていった。
最後の数年間はマカオや香港でも普通話で通していた。
(本土客だと思われて舐められないようにしたい時は英語を使用。)

それでも・・・↓
今でも日本の電車やバス、エレベーターなどを降りるとき、無意識に口から「降ります」や「道をあけてください」などが中国語になることもある。
そのうちの半分は広東語・・・。
それは最後に7年住んだ場所は普通話隆盛地域であったものの、市バスの運転手さんの多くは広東語話者であったので。

(広東省のバス。
私が住んでいた2つの都市とよく行き来していた隣の市については、降車ボタンは降り口のドアの手前だけ。
バス停到着までにそこに辿り着けない場合、口で運転手さんに言うしかない・・・・・・。)

※別に広東語自体は嫌いではなく、好きである。