中国語のお勉強とウォーキングとマカオの思い出

昨日土曜日の夜の勉強は(真面目に中国語の勉強をするにはとても眠く)娯楽を兼ねて英語の耳慣らしとして英語圏から来たYoutuberのVlogを見ていた。

日曜日の本日、朝食後にまずは理容店に。
その後はまず本日の最初の目的地へと車を走らせた。
普段聴くFMとは違う局で好きな英語圏出身DJの番組を聴きながら。

次にその都市の街中に行き、(現在愛知県では持ち帰り弁当の代名詞とも言えるほどになった)お弁当屋さんへ。
私がこのチェーン店を知ったのは2011年(初めての)夏の一時帰国のときのTVのCMで。
「きれいなお姉さんが宣伝するその店はなんぞや?」と思っていた。
2012年夏の一時帰国にやっとそのお弁当を食べることができた。

今回はBIGのり弁を白身魚フライで。520円(税込み)
このお店、白身魚のフライとコロッケが選べるとか。
だが、私の中でのり弁は当然白身魚フライ!

本日ウォーキングに選んであった公園に行き、駐車場に停めた車の中でお弁当をいただいた。

20161127165747.jpg

ドリンクは贅沢にも同じお店で買った130円のお茶。

20161127165805.jpg

最近仕事中は(週末にスーパーで買い込む)安物のお茶を飲んでおり、やはり高いお茶はそれなりの味がする・・・。

その後約1時間HSK5級の勉強を。
本日は主に読解を音読しながら。

お弁当を買い込んだ頃、雨が降り出した。
そして勉強中はけっこう強くなった。

しかし本日のウォーキングを決行。

帰国後ここに来たのは初めて。

ここは20代頃の仕事と少々関係がある場所であるだけでなく、池の周りを歩けるようになっている。
青春時代の思い出だけでなく、マカオのフィエリーターミナル(外港客運碼頭)付近の水塘を思い出していた。

私はマカオに来て、公共バスを利用ぜずに繁華街まで行く時によくここを経由していた。
それほど気に入っている。

雨の中、池の周りを歩いていると、2013年12月15日(日)にマカオのヤオハンまで正月の餅などの買い出しに行ったときのことを思い出した。

その日は雨であったので、公共バスに乗っていけばいいものを、厄落としを兼ねてどうしても歩きたかった。

その2013年12月15日(日)の雨の水塘の写真がこれ。↓

DSCN1411.jpg

普段フェリーターミナル側は帰りに通るのだが、その日は厄落としとして選択。

本日歩いた地元に近い都市の池。
約30分のウォーキングの間はずっと中国語(普通話)でひとり話していた。

これが晴れであれば、日曜なので他にも歩いている方がいたに違いない。
だが本日は私一人。

であるので、「危険人物」だとか中国語でいうところの“精神病”だと思われずに済む。
この辺が雨の中のウォーキングの良いところ・・・。

そして車に戻りHSK5級のリスニング音声を聴きながら住んでいる市に戻っていった。

とにかく180点を取れば、昔憧れた旧6級程度ということになる。
さて、どうなるか・・・。





スポンサーサイト