HSK5級は難しかったです

HSK5級。

私はあまり昼からの試験は好きではないが、仕方がない。

ちなみにHSKというとほとんどが雨の思い出がある。
最初にHSKを受けたのは2004年6月。
当時は名古屋には試験会場がなく兵庫県尼崎市の(当時の)英知大学を選択したのだが、当日は土砂降りであり足が濡れているまま試験を受けている。

次は2004年11月だったと思う。
降りそうで降らなかったが、試験後にどんよりとした空の下で倒れた私・・・。
交代勤務をしながら日本語ボランティアの準備と日本語教育能力検定試験とHSKの試験勉強という無理がたたった。
その年は青年海外協力隊の試験も受けているのだが、試験結果以前に健康診断がボロボロであった。

リベンジの2005年6月。
この日も試験会場に行くまでにポツポツとした雨に当たっている。

そして今年2016年9月。
試験後に降り出した。

で本日12月。
試験前までは日焼け確実な日差しであったのだが、試験後の16時前は思いっきり曇り。
地下鉄を降りた16時半過ぎには外はすでに暗くて雨降り。
帰宅までに4回濡れた。

さて話を試験に戻す。

20161204190355.jpg

本日の会場は南山大学名古屋キャンパス。
日向は暑いぐらいであった。

一番心配していた”书写”で思ったことがある。
80字の作文2つが思うように記せないのは中国語以前に己の日本語に問題があるのでないかと。

私は7年前からブログを書いているのだが、その日本語のまとまりはめちゃくちゃ・・・。
日本語教師をしていたのに、日本語教育能力検定試験は何度受けているのやら・・・。
(おそらく今年も自己採点は思いっきりグレーゾーン。)

これは1月29日(日)のTOEICと4月に受けようか悩んでいるTOPIK(韓国語能力試験)に活かしたい。

ちなみみ今回のHSK5級の点数次第では来年のどこかで6級を受けようと思うのだが、今回はおそらく出来ても旧6級程度であり旧7級程度には届かないであろう。

帰り道。
まだキャンパス内で。

南山大学はカトリック。

20161204190403.jpg

マカオを思い出して懐かしくなり撮影。

行きは正門から入らなかったのだが、帰りは正門から出た。
この写真は正門の付近で撮影。↓

20161204190343.jpg

思えば今年の夏からは試験勉強三昧であった。
先月の勤労感謝の日に両親を連れて紅葉を見に行っている。

だが心の底から「きれいだ!」と思えたのは本日の試験が終わった後。

地下鉄名城線で金山駅まで行き、そこで軽く二度目の昼ごはんを食べ、名鉄で豊橋方面に向かった。
名古屋から乗るのであれば、17時ならまず座れる。
だが金山からだと座れない可能性大。

そこで試験の後に金山から乗るときはミューチケット(座席指定券)を買う。
ささやかな贅沢。

駅から自宅までのマイカーの中(今月までは名古屋までの鉄道の定期券だけでなく、駅前駐車場の定期券がある)で聴いていたのはTOEICの勉強のCD音声をMP3化したもの。
(画面表示が思いっきり文字化けだが・・・。)

韓国語に移りたい気持ちを押さえてまずは十数年ぶりのTOEIC。
おそらく600点には届かないであろう。
まずは現状の自分を知りたい。





スポンサーサイト