日本が発展した理由は?(「明日は春節」ということで特別記事)

2017年1月28日(土)は旧暦の一月初一。
つまり旧正月。

2015年のその日は休暇を取った。
2016年は職種が変わったばかりであり、かつ中国人同僚が休まずに動くので、私も出勤した。
今年2017年は土曜日であり、仕事に就いていたとしてもその日は遠慮なく休んだであろう。

そんな私は現在無職なので、大晦日となる本日もほとんどを自宅でのんびりと過ごしている。

話は変わる。

中国で日本語を教えている頃によく聞かれた。
「日本が急速に発展したのはなぜ?」
「日本はどうして太陽暦導入と同時に多くの行事まで新暦で行うようになったのか?」

私はこう答えていた。
「毎年いつが休みなのかはっきり決まっていたほうが長期計画が立てやすいからだと思う」と。

確かに季節の行事は大切であり、私もそれは守るようにしている。
そして中国で生活していたので、現地で春節を過ごしたことも5回/9回あるので、その感覚はよくわかるしいまだに維持している・・・。

しかし年末近くになって翌年の休日の詳細が発表され(なおかつ中小企業や中小の教育機関だと休みの直前になって休みの日程やその調整が決ま)る状態であると、やはり長期計画を立てることは難しいのである。

そういうわけで私は上記のように答えていたのであった。

さて、思いっきり中国かぶれの私は明日からの1年も良い年にしたいと思っている。
(日本人の私は新暦の正月と節分でも同じことを考えます・・・。)
スポンサーサイト