異文化に囲まれながらの日本生活

朝一番で歯医者に。

きれいな日本語で話す南米系の方だと思われる親子。
ポルトガル語で話す親子もいた。

1月であったか。
中国語を話すふたりもいた。
そのうちひとりは日本語の通訳としてついてきたようである。

中国語の場合、自然に耳に入ることも多い。
つまり意味がわかるということ。

ポルトガル語やスペイン語もところどころわかる言葉がないわけでもないのだが、やはりこちらは脳が完全に外国語として処理しているようである。

自分が中国という外国に住んでいたことや日本語教師の経験があることから、国内に住む日系を含む外国人の方々はどうしても気になる。



さて歯医者のあと、コーヒーが飲みたくなり、ミニストップに寄った。
お目当てはアメリカンコーヒーのS。
私はサントスが好きなのだが、ミニストップのマンデリンの味わいも好きである。
そして持論としてはコーヒーは薄めの味のほうが味わいを感じやすいということ。
そんな私はエスプレッソよりはアメリカーノを好む。

とこの件を記した時点で文化の混在を感じる・・・。

歯医者ということで朝ごはんは簡単に済ませておいたので、お腹も空いていた。
とはいえ、最近は健康に注意しており、あまり変なものを食べないようにしている。
選んだのはバームクーヘン。

30代の頃、ドイツ語をかじっていたことがあった。
(単語レベルではあるものの)メモにも使っていたのに、今ではどこに行ったのやら。
時々曜日が思い出せないことすらある・・・。
それはともかく、バームクーヘンというものはドイツ語圏でそれほど食べられていないという。

我々はそういうことを知っていながらも、何かの外国にかぶれているときはその有名なものやそれをイメージできるものを買ったりすることは多い。
中国でも某日系スーパーでバームクーヘンが売っているとついつい買ってしまったり・・・。

春先になると、ロシアの血が騒ぎそれ系統のものが欲しくなる。
一番餓えるのは日本では手に入れにくいクワス。
中国ではけっこう多くペットボトルで売られている。
もちろんおいしいものもおいしくないものもあるのだが、仮においしくないものでもついつい買ってしまうのが春先から初夏。

それを思い出しながら、信号待ちでバームクーヘンとアメリカンコーヒー。
カーナビからは中国語の歌のMP4が流れている。
走行中に画面を凝視しないように、曲の情報などで画面を隠してはいるが、当然信号待ちのときに画面が目に入ることもある。

ある台湾の歌手の10代の頃の映像であった。
当時から歌が上手かったことは知っている。
ただ歌っているときの口元と、聞こえた音からとてもきれいな“国語”であることを再認識した。
台湾の方の中国語の標準語、いわゆる“国語”はやはり南方の方の特徴があることが多い。
しかし歌手の場合、とてもきれいなことも多い。

現在の中国本土はピンインによりローマ字的な発音である人がけっこういる。
私自身広東省にいたことで南の発音であり、さらには母語話者ではないのであえて無気音を日本語の濁音+ローマ字式にして話している。

もちろん台湾の場合でも母語が国語ではなく、閩南語や客家語や少数民族の言葉であることも多い。
いや逆にそれらの方の国語のほうがきれいであったりする。

信号が変わったので車を走らせながら耳は歌を聴いていた。
中国の情景を思い出した。


私が得意な料理は中華。
そして食べるのは中華だけではなく、韓国料理もベトナム料理もイタリアンも大好きである。

今この部屋で周りを見回すと、存在しているものは日本のものだけではない。
日本のものと一緒に外国のものもあったりする。

おそらく死ぬまで日本文化と異文化のミックスの中で生活をするのであろう。
それでも自分が(単に国籍という面ではなく)リアルに日本人であることは自覚している。

これから異文化と共生してゆかねばならない日本に住む日本人として「もっともっと柔らか頭でいなければ・・・」と思った午前であった。





スポンサーサイト