現状の問題点・・・

昨日の土曜&祝日出勤の帰りはしなかったのだが、帰りの電車の中で中国語の勉強をしている。
と言っても、昨年とは違い電車に乗っている時間はそれほど長くもない。
というわけでそのうちの10~15分程度に過ぎない。

それでも試験を考える以上はアカデミックに考えるということも大切。

その車の中や自宅で外国語に触れている。

今年は韓国語のTOPIK初級の受験を諦めた。
すると不思議なことに他のアジア言語が気になりだした。
TOPIKの受験を諦めたのはHSK6級が難しいからであるのに・・・。

最近日本でよく見かけるベトナムやタイ、インドネシアの方々。
そのうちのどれかをかじりたいという欲望が生まれた。

それを人口という数値から考えると、インドネシア語となる。
しかし私は昔からインドネシア語よりはマレー語のほうに興味がある。
それはやはり中国語が通じるほうが安心できるので・・・。

実は数週間前から、このパソコンの前の書類入れと小物入れの上に(昔から持っている)その2つの言語の会話の本を置いてある。

勉強したいのだけど、怖いのが「虻蜂取らず」。

最近50歳を迎えた私。
60歳を定年と考え、「その数年前からまた外国で暮らせたら」と思っている。
定年を65歳ではなく、従来通りの60歳と設置しているのは外国でのビザ取得を考えてのこと。

労働ビザ取得となると、60歳が線引となることが多い。

その60歳の数年前までには中国語だけでなく、他の言語のレベルも上げておきたいのである。
特に英語は必要だと思う。

働きながらの学習を考えた場合、やはり無理はできないのである。
私の中国語がいい例であるのだが、ある程度はしっかり学術的に基礎を押さえないと、途中で伸びなくなる。

確かに私の(怪しげな)中国語でも十分生活はできる。
中国語圏であれば・・・。

問題は今この時点で将来住む地域を確定できないところにある。
何と言っても「明日のことはわからない」のだから。

スポンサーサイト

ケチだから買えば勉強するかと・・・

狙いはHSK6級であることは記している。
だがHSk5級は思ったより簡単であったのに、中検2級が通らなかったということは
やはり私の中国語は感覚で覚えているだけである証拠かと思う。

ここで基本に帰るためにも、6月はHSK6級を受験して雰囲気を掴み、時間配分の感覚を知るよりも、
中検2級を受験することにした。

20170423181317.jpg

本日買ったこの問題集。
だが明日からの1週間は2011年のものを持ち歩こうと思っている。
また前回の聴解試験もスクリプトも確認して、どこがはっきりと聴き取れなかったのかを確認したいと思っている。

やはり再度中検2級を申し込んでみた

3月に受けた第91回中国語検定2級。
自己採点通り、(中国で生活していた私が)リスニングでまさかの失敗をやらかし不合格。

約3週間前は「このまま振り返らずにHSK6級に慣れるためにそちらを受験しよう」と思った。
だが、本日得点が届いて気が変わった。

今回リスニングも筆記も基準点が5点下げられている。
つまり難しく感じたのは私だけではないようである。

というわけで、今さっき[6月11日(日)のHSK6級ではなく]6月25日(日)の中国語検定2級を申し込んだ。

自分の得点という数値。
技術者出身の私は冷静に分析した。

確かにHSK6級を受けて慣れておくことは悪くない。
だが今6級を受けても、自信を失うだけかもしれない。

それならば、ここは焦らずに再度中検2級にチャンレンジしたいと感じたのである。

リラックスタイムとしての外国語対峙

再就職して2週間目。
それなりの疲れはあったが、いたって普通のこと。
それでも今週は(も)外国語の勉強とまではいかなかった。

とはいえ中国語普通話というか国語には毎日触れていた。
さらには福原愛さんと江宏傑がゲストであった台湾のテレビ番組を見た。

福原さんを知れば知るほど凄い方だと思う。
間違いなく彼女は日本の卓球界を大きくしたと思う。

ただそれ以前にも活躍していた方がいたからこそ、福原さんも活躍できたのである。

この辺は日本のサッカー界にも通じると思う。
キングカズが高校中退でブラジルに渡り、帰国後にJリーグ発足。
で今に至る。

ただカズさん以前にも活躍されていた方は当然いた。

例えるならば、一文が二文、四文、八文、十六文・・・と倍倍倍で増えてゆくようなもの。

外国語学習も同じこと。

私の場合多くの方ほどは真面目に中国語を勉強していない。
(当たり前だがまったく勉強もしないのに、覚えられるわけがない。)
(ただ真剣度が違うだけ。)

それでも初めて中国語を勉強しだしてから四半世紀も経てば、私のようなアホでも少しは話せるようになるのである。
もちろん中国で生活はしていたが、その当時は仕事と生活が忙しく、長い休み以外はあまり中国語を勉強していない。
とりあえず生活できれば良いといった感じ。

話を元に戻すと、やはりそれは積み重ねなのである。
夜中に一人で酒を飲みに行けば、やはり少しは覚えてゆく。
休みの日に(人間観察という名目で)美人ウォッチングにでかければ、少しは覚えてゆく。
テレビを見ていれば、少しは覚えてゆく。

そのうちに知らない単語を聴いても、なんとなく意味が理解できるようになる。

そういうわけで、YouTubeや中国のオンデマンドサイト、中国のテレビなどを見て遊んでいるようでも、少しは覚えてゆくのである。
今週は中国語だけでなく、広東語の歌にも触れていたし、エスペラント語にも触れていた。

まあそんな程度である。




外国語を話す時に邪魔な部分入れ歯・・・

中国にいる頃、親不知をカウントせずに後ろから3つ目がかなりひどい虫歯になった。
帰国して2年をどっぷり過ぎてから、やっとそれを治した。
(発症から5年・・・。)
というより、(ここまでほかっていても、中国で歯医者に駆け込んでも、どちらにしても)抜くしかなかったというオチ。

でインプラントにするお金もなく、とりあえず保険の範囲で部分入れ歯とした。

まあ、日本語を話す時は問題ない。

そう問題なのは日本語よりも口や舌を駆使する外国語を話す時。

部分入れ歯を前後の歯に固定する金具が邪魔で仕方がない・・・。

やはりお金を貯めたら、もっといい部分入れ歯にしようと思う。

今週は外国語学習というより娯楽モード

今週外国語の勉強といえば、本日の午後にHSK6級の聴解問題と対峙したぐらいのもの。

月曜から再就職しているのだが、その気疲れと血圧治療中で今まで高かった血圧が若干安定していることからかなり眠い。

それでも香港映画“古惑仔”のパート2を数日に渡って広東語で見た。

そして先ほどパート3を国語、つまり中国語普通話で見た。

本日他のブログにも記したのだが、CCTV19時からの“新闻联播”だと6割ぐらいしかわからない。

だがドラマや映画であれば、(中国語普通話の場合)字幕を見なくてもほとんど理解できる。
それは映像があるからなのだが・・・。

ちなみに私は元々は広東語のほうが得意であった。
最初に赴任したところが広東語隆盛地であったので、けっこう助かった。

しかし段々と普通話に慣れていった。
その理由は他のブログでも何度か記している。
ただこのブログでは触れていないので、それについてはまたの機会にしようと考えている。

話を元に戻すが、今では完全に普通話の能力のほうが上である。
映画やドラマで広東語に触れると、やはりどうしても字幕に頼ってしまう。

もちろん閩南語や客家語の場合はなおさらである。

ちなみに今年は受験を諦めた韓国語のほうは話題のドラマを1、2本ぐらいは見たいと思っている。
早めに見ないと著作権の期限が切れて見られなくなるものもあるので。
(You Tubeも中国のオンデマンドサイトも同じこと。)

急に“古惑仔”を見たくなり・・・

他のブログにも記したのだが、この1週間の夜はネットで外国語に触れていた。

そのとき、ある広東語の歌から、1996~2001年(?)の香港映画“古惑仔”が見たくなり、1本目を広東語で見た。

とても懐かしかった。

とはいえ、その頃は仕事三昧のような感じであったため、数作しか見ていなかった。

ただイーキン・チェン(鄭伊健)とチャン・シウチョン(陳小春)は私と同じ年であり、おじさんになった今もめちゃめちゃカッコイイ!
であるので、その美学を勉強するために見たくなった・・・。
それに付随して、広東語のおさらいとさらなる勉強としての意味もある。

(チャン・シウチョンは2010年の中国とロシアの合作ドラマ“獵人筆記之謎”を見て改めてその良さを知った。)

何作からあるこの映画版の“古惑仔”だが、広東語と国語(中国語普通話)と半分ずつ見たいと思っている。

本日はここまで。