読んでいただけなくなっても、それは自業自得...

思えば四半世紀ストイックに生きてきた。
最近のだらけはその反動なのかもしれない。

昨年は(通勤2時間であったし、それなりに気を使ったが)ほとんど定時の18時過ぎにはオフィスを出ている。
ほとんど外に出ていなかったので、帰宅後に勉強する余裕があった。

そして今年も現場には出ていないものの、事務所内が文字通り現場。
簡単にいえば事務仕事なのだが、給料が高い分ある専門知識が必要になり、さらには飛び込み仕事も多いため、かなり疲れる。
この数週間は23時半、いや早ければ23時前には寝ている・・・。

今まで24時~25時の間に寝ていたことから比べると、自分でも驚きである。

というわけで思うように外国語学習も進んでいない。
それなのに読んでいただき、ボタンも押してくださることに感謝している。

しばらくこんな内容のアップになるかと思う。
これで読者様がいなくなれば、自業自得。
スポンサーサイト

この1週間20170521

仕事の疲れから全然外国語の勉強ができていない・・・。
昨日は土曜出勤。
帰宅後とても疲れを覚え、パソコンに向かえばいつの間にかベッドの上。

本日日曜日も疲れを癒すほうに力を入れ・・・。

ちなみに最近よく韓国語の夢を見る。

怠けているわけではないが、結果として怠けている外国語学習

5月の連休明けの今週。
仕事も忙しく、さらには個人的な事情で考え疲れており、あまり外国語の勉強はできていない。

1日だけ帰りの電車の中で、中検のお勉強。

あとは中国語や英語Youtuberの作品を見て、寝る前に少々マレー語やインドネシア語の会話の本をぺらぺらめくるだけ。

怠け者だから英語学習も・・・

8連休の7日目という土曜日であった。

週末に二連休となった場合、たいてい日曜日は若干英語脳にしている。
本日は土曜日であるのだが、なぜか自然に英語脳になることが多かった。

もちろん1人でいる時に一番多い外国語の独り言は中国語普通話である。
本日も信号待ちに無意識に中国語で独り言を言っていることに気づいる。

それでも英語でのものも多かったのはどうしてであろうか。
英語は本当にお恥ずかしいレベルなのだが・・・。
だいたい今年3月に受けたTOEICの成績は中国に渡る前のものと変わっていない。

しかしいくら中国での生活であれ、外国人としては英語が必要になることも発生する。
それにマカオや香港に出たとき、普通話や広東語ではなく、あえて英語の時もあった。

(香港やマカオには中国本土の方を低く見る方もいるので、不用意に普通話や広東語を使わない方が良い時もある。)

[私など珠海・マカオ間の蓮花口岸(路氹邊檢大樓)の途中のバス乗り場で双方の勘違いから思いっきり猛られたことがあった。
だがそこで私が日本のパスポートなどを示したら、そのおばさんの面目もないのでこらえておいた。
その辺がいかにも日本的浪花節だが・・・。]
(それ以外にもマカオで嫌なことが何度かあった。)

話を元に戻す。

しつこいようだが、やはり英語は必要なのである。
特に東南アジアでは英語も必要になってくるので。
ただしあまりにも真面目には勉強しないであろう。
飽きない程度に、そして自分にあった勉強法で行いたいと思っている。