私に何ができるのか

中国から戻ってきて一度前職に戻った。
お金のため。
そして元々その仕事が嫌いなわけではない。

ただ体力の面を含めて、様々な理由があり、ずっと続けることを止めた。

そして社会人のひとりとして、後進の方々の育成も必要かと思っている。

社会は簡単には変わらない。
だがひとりひとりが可能な方法を用いたとしたら。

今私は教育の世界にいるわけではない。
だが、教育は大切だと思っている。

私に何ができるのか。

このブログはそういうことを考える心の整理の場でもある。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント