おかしな日本語? おかしな外国語? 馬鹿にすることなかれ!

以前日本を離れる直前までけっこう様々な外国人の方と出会う機会があった。
だがその後ずっと中国にいたため、外国人といえば、やはり中国圏の方々のことが一番よくわかる。

そして帰国後は中国語圏や英語関係者と出会うことが多かった。

しかしここにきて、実に様々な外国人の方々と出会うようになった。
私は職務柄ほとんどを日本語で話すのだが、やはり外国人の話す日本語も母語によってそれぞれ癖があることをまざまざと知ることとなった。

日本ではプロの日本語教師をしたことがないので、ある意味新鮮さを感じている。

中国で我々日本人の中国語が通じないこともけっこうある。
だが、これもお互いの慣れで解決できる。

何が言いたいかといえば、「我々の話す外国語も外国人の話す日本語も当然癖があることが多い」ということ。

いや、「あって当然」なのである。

これからますます日本で外国人が増えていくであろう。
共生を考えるとき、「変な日本語だと思っても、下手に感じても、聴いて理解しようという姿勢が大切」であろう。

自分が中国に住んでいた経験からそれを感じる。

(どうでもいい話だが、私より中国語普通話が怪しい中国人もけっこう多い。)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント