言語学習にはやはり母語能力が重要となる

このブログは多言語に重点を置いているはずなのだが、実際それが書けていない。
それは今年予定していた試験の外に、どうしても新HSKを取得しておいたほうがいい状態になったからである。

計画は計画通りにいかないもの。
それでも計画は必要。

(日本という国が発展したのも、勤勉性だけではなく、1年のさまざまなイベントのほとんどを新暦にて行うようになったことで、長期計画が立てやすいからなのであろうと自分勝手に考えている。)

さて本題に入ろうと思う。

母語も生活言語も育っていない。
または2つの母語のどちらも育っていないというパターンもあることは実際に見ている。
いわゆるダブルリミテット。

中国本土の場合、少数民族の言葉と中国語普通話に限らず、幼少の頃から複数の中国語に囲まれて暮らしてきたかたでそれを感じることがある。

またこれはダブルリミテットではないのだが、母語と外国語の日本語は素晴らしいのに、生活言語の中国語は完全ではない方もいる。
逆に中国語普通話が母語であり、民族語が話せなかったり、話せるが込み入った話はできない場合もけっこう多い。
これらの場合は、母語ではない方をあまり使っていなかったということになる。

母語の中国語方言はいいのだが、生活言語の中国語普通話が苦手な場合に向けてみる。
(母語が朝鮮語やモンゴル語ではなく、中国語方言であることに注意。)

私が中国語を習い始めた頃、「まず母語である日本語を勉強しなさい」的なことを言われたことがある。
後に日本語教師への道を歩み始めた頃に「なるほどなぁ」と強く感じている。
それは自分の外国語学習だけでなく、自分の教える学習者を見ていて感じたのであった。

日本語を勉強する時、媒介語が中国語普通話だとした場合、初級の後半あたりから伸びなくなることもある。
だが(人より時間はかかったものの)日本語が育ってくると、今度は中級の後半から上級で母語の中国語方言や外国語の日本語では表現できるのに、中国語標準語では表現に困る学生を何度か見ている。

母語が広東語であれば、実際に企業内言語がほとんど広東語というところもあり、日本語通訳として仕事をしていてもあまり困らない。
だが、今度は日本語と中国語普通話との間の通訳の場合、困ることがあるかもしれない。
自分の会社の中は広東語でも、取引先企業の中には中国語普通話が企業内言語であることも多いはず。

話は変わるが、私の場合韓国語は日本語よりも中国語のほうと結びついている。
これはこれから韓国語学習を進めていくうえでネックになるかもしれない。
(韓国語を見聴きして、自然に中国語から日本語へと変換作業されていることはけっこう怖く感じる。私は日本語母語話者であり、中国語はお粗末なのであるから。)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント