意欲停滞期・・・

今月私にとっては外国語ではない試験を受ける。
だが、語学には関係している。
現在その試験勉強がメインなのだが、それでもやはり外国語には触れている。

やはり一番多いのが中国語普通話。
そして広東語、韓国語、英語。
たまに閩南語や客家語。
時々違う言語。

いまだに12月のHSKの後にTOEICを受けようか、それを考えずに春のTOPIKを目指そうかと悩んでいるのだが、中国語の次に覚えたほうがいい、必要だと思うのは当然英語なのである。

英語も昔に比べれば、かなり聴いてわかるようになってきた。
だが、中国語同様に話せない・・・。

使わないこともあるのだが、普段そこまで外国語でのアウトプットを行っていない証拠かと。

そういうわけで、最近は電車の中とか車の中とかで外国語思考のときがある。
車などのように状況がゆるぜば、声に出すこともある。
電車の中で対面ベンチシート出ない場合には口を動かすこともある。
(ただ、この数か月は帰りの電車でも眠くなることがあり・・・。それに時間帯から特急なのにたいてい対面ベンチシート。)

それはともかく、何かこう熱く燃える言語が現れないかとも思っている。
なんだかんだ言っても、一番は興味が有ることが大切なのであるし。
結局私は怠け者。
鼻先に何か餌をぶら下げなくては・・・。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント