中国語検定2級を受験して

某ランキングサイトで多言語学習のカテゴリーに参加しているのに、最近は多言語ではないのが申し訳ないと思う・・・。

さて標題の通り、中検2級を受けてきた。
今まで過去問題を解いていても、合格点に届く回とそうではない回があった。

ただ私はこの試験の基本情報を詳しく調べていなかった。
昨日土曜日の時点で受験票を確認したら、2級の試験時間は2時間も存在していた。

つまりそれだけ時間があれば、受かる可能性は高くなるということ。
今まではHSK5級の感覚で、何度も何度も見直すことが難しいであろうと思っていた。

実際に試験を受けてみたら、聴解終了後に読解を開始した時点で85分ぐらい時間が存在した。

お陰で何度も見直すことができた。
そう、過去問を解いたときは1回解いただけで答え合わせをしていたわけであり、
その違いはありがたかった。

とはいえ、以前中国語検定を受けたのが24年前であり、実際の試験の感覚は失っているわけであり、
とりあえずわかる問題からマークしていった。
そして日本語訳と中国語訳をあらあら記しておき、悩んだ問題をじっくり考えていった。

そういうわけで、一応はそれなりに埋めてある。

明日解答がアップされるそうだが、受かっていたら嬉しい。
この中検2級はHSK5級より難しく思えた。

HSK5級を受けたときは(鼻歌モードであった4級に比べて)それなりに「難しい・・・」と感じていた。
だが一応合格点は6割と考えることができるわけで、点数にこだわらなければまだ楽だと思う。

ただHSK5級で自分の予想よりも良い点数であったからこそ中検2級にチャレンジしたわけであり、受からなければかなり悔しいに違いない。

(HSK5級で233点という数字ではけっこう危ないと感じる・・・。)

それでも、仮に合格点を超えていなくても、次は9月か12月に受けるつもりであるHSK6級の勉強を開始しようと思っている。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント