スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり韓国語は必須かなぁ・・・

信樂團の“死了都愛你” は 박완규(朴完奎)の“천년의 사랑”(千年之愛)。
同じく信樂團の“離歌”は김건모(金健模)の“ 버담소리”(BUT I'M SORRY)。
弦子/潘玮柏の“不得不愛”はFree Styleの“Y(Please Tell Me Why)”。

中国語学習者にも有名なこの三曲はすべて韓国語のほうが原曲である。

と車の中でこの3曲を二言語で聴いていた。
“死了都愛你”も“離歌”も中国在住時によく朝鮮族の友人がKTVで歌っており、私も時々歌うことがあるのだが、(下手な中国語はともかく)やはり高音でついてゆけない・・・。

“不得不愛”は2006年秋の一時帰国(秋の帰国はその一度だけ)の時にチェックしたNHK中国語会話で使われていたため、耳に残っていたのだが、当時は韓国語版があり、そちらのほうが原曲であることなど知らなかった。

すべては中国で朝鮮族の友人と出会ったり、韓国ドラマオタクになってから知ったこと。

中国に興味を持ち始めたのは中一の時なのだが、同時に韓国にも憧れており、さらにはけっこう様々な縁繋がりもある。

今私はかなり悩んでいる。
初級の途中で止まっている韓国語を勉強し出すのか、先に英語にするのか、それとも違う言語にするのか・・・と。

12月に受けるつもりのHSK5級の勉強もしているのだが、合間に情報入手や気晴らし、復習や調査として他の外国語も見たり聴いたりはしている。

多言語学習の順番が狂った原因は日本帰国が早まったことなのだが、帰国して2年も過ぎているのに狂ったもへったくれもない。

とりあえず一度に手をつけてよいのは四言語とは決めてある。
もちろん一番目から四番目という時期による優先順位と構成比率は定めなければならない。

中国語と英語、韓国語ともう一つ西洋言語をひとつ。

だが、これから先を考えて、ベトナム語やタイ語、インドネシア/マレー語もかなり気になっている。

本当は五言語にしたいのだが、四言語でも私には一言語多いと感じている。


ただここでうだうだしていても時間の無駄。
やり始めてみれば、自然に流れができるのかもしれない。








韓国語の勉強が進んでいない・・・

昨日HSK4級の問題集を買ったが、まだ開いていない・・・。
とにかく現時点の私でも手に入りそうで、さらに世間に通用する中国語の資格はこれであり、絶対に手に入れておきたい。
9月11日(日)の試験以降、10月23日(日)までは忙しいのだが、それが終われば12月の試験に向けてHSK5級の勉強もできる。

ただ、ちょっと無理なスケジュールだったかなぁ・・・と思うことがある。
韓国語の勉強が進んでいない・・・。

ある外国人同僚が言っていた。
「あんたには韓国は向かない」と。

相手は語学のプロであり、私以上に異文化も知っている。
ただ、私にとって韓国語は覚えやすいことも事実。

問題は人生何が途中で現れるかわからないということ。
自分の行動計画だけのめり込んでいては、様々なチャンスをなくすもの。

中国生活で学んだこと。

チャンスはとにかく捕まえる。
駄目であったら、捨てるだけのこと。

このお盆休みは見かけの韓国ドラマを見てしまう予定であったのだが、明日、明後日とまったく実家の制約を受けない自分の時間を作れるので、それを大切にしたい。
言い訳チックだが・・・。

心は韓国に傾いているが

外国生活の夢がはっきりと固まったのは20代半ば。
将来ビザが取りやすくなるための行動を始めたのもその頃。

特に中華圏を夢見ていた。
ところが2002年夏に苦しんだ挙句、1週間の入院をすることとなった。
入院までの約1か月とその直後は心細くなっていた。

中国に渡るよりは韓国の方が近いという理由で韓国に心が傾いた。
もっとも韓国も昔から好きであったし、一度行ったことがあるのだが。

その時はやたらと韓国のものが目に触れ、耳にも入って来た。
日韓共催サッカーワールドカップの年でもあったし。

翌年2003年になり、NHK BS-2で『冬のソナタ』”겨울연가”(2002年 韓国KBS2)が放映された時もそれを見ながらそんなことを想っていた。

それでも行動計画の力なのか、縁なのかわからないが、無事に中国で9年ほど生活をして戻って来た。

ところが中国にいる間も韓国や中国朝鮮族との縁は深かった。
特に2012年の尖閣問題により、2011年の東日本大震災の後徐々に入りつつあった日本の食料が途絶えた時は韓国食材に助けられた。

そんな私の韓国語はお粗末ではあるが、真面目に勉強すれば中国語を越すと思われる。
やはり日本語と中国語により漢字語を聴いてなんとなく意味がわかってしまうことは強みだと思う。

ところが秋にある試験を受けるために、それほど勉強が進んでいない。
それに帰国後にずっと受けたかった新HSKも受けたい。

なんだかんだ言っても、最初の関門を突破するには実力を証明できるものが必要なのである。
いくら実力社会であっても。

日本語学習者の多くが日本語能力試験にこだわるのも同じこと。
はっきり言ってJ-TESTの方がはるかに高いレベルまで測れるのに、社会のシステムは日本語能力試験をありがたがっている。
(やはり国際試験だけのことはある。)




韓国ドラマの字幕なしに(仕方なく)チャレンジ中

中国にいる時に韓国ドラマにはまっている。
それも中国だと、韓国原版を見ることができるのがありがたい。
日本版だと著作権の都合でBGMなどが変わったり、放映時間が短くなったりという難点もある。

帰国してもうすぐ2年。
最近ようやく少しは余裕が出てきたので、好きな韓国ドラマにも手を出せるようになった。

ところがあるドラマの16話中9話の途中で、中国語字幕のものが見られなくなった・・・。
仕方なく英語字幕版を探したのだが、見つからない。
見つかったのは字幕なし・・・。

それでもなんとか12話までは見た。

困ったことに私の韓国語はどちらかといえば、中国語とつながっており、ドラマを見ていても瞬時に頭の中で翻訳されるのは中国語が多い・・・。

これはけっこう怖いこと。
私の中国語は不完全。
そうなると、どこかで韓国語能力も頭打ちになるような気がしている。

それでもなお中国語字幕で見ることを好むのだから、習慣は簡単には変えられないものであることを実感する・・・。

母語である日本語を活用した外国語学習

元々外国語オタク的なところがあった私。

中国でもいくつか勉強した。

といっても独学。

それも媒介語は中国語。


中国にいるころは本当にたくさんの韓国ドラマを見た。
そこで感じたことは、韓国語は真面目に勉強したら、一番得意な中国語以上になる可能性が高いということ。

日本に帰国して約2年。
今まで忙しかった。
もちろん今でも忙しい。

だが、最近になってようやく韓国ドラマや歌に目が向くようになった。

そこで考えたこと。
それは、時間がかかってもいいから、韓国語を少しずつ勉強してゆこうということ。

今まで中国語で勉強したことを日本語で復習すると、わかりにくかった部分もよくわかる。

ちなみに私は日本語教師経験者であり、直接法で教えていた。

しかし、中国の学校の多くがそうであるように、文法の面などは母語や生活言語である中国語で教えることが多い。
そして私自身それは悪いことだとは思っていない。

どちらの教え方がよいとは一概に言えない。
ただ、私自身が中国語で外国語を、または外国語直接法で勉強した経験からすれば、ある程度はわかる言葉で教えてもらったほうがありがたい。

別に直接法、母語や生活言語を媒介語にするのどちらがよいとは決められないと思う。

だいたい直訳法で日本語を話していた中国の方も、慣れればしっかりと日本語だけで考えている。

ただ怖いのは、言葉と言葉が繋がらないこと。

私の場合、韓国語は中国語と結びついている。
つまり、日本語の前に中国語がワンクッション入る。

であるから、簡単なことならばいいのだが、複雑になればなるほど、頭が混乱する・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。