日本語、韓国・朝鮮語、モンゴル語のニュアンス

昨年の6月頃であったと思う。

私は中国の民族音楽も好きであったりする。
YouTubeであれこれビデオを見ていると、2つのモンゴル族の歌が心に響いた。
ひとつはモンゴル国でも歌われているもの、もうひとつは内蒙古のミュージシャン(グループ)が発表したもの歌。

どちらも中国国内の(民族を問わず)様々な歌手(単体またはグループ)によって歌われている。

もちろん中国語だけでなく、モンゴル語でも歌われている。

あえてタイトルは記さないが、本日も車の中で聴いていた。


中国で日本語教師をしていたので、朝鮮族の方で母語が朝鮮語であったり、母語ではないがそれなりに話せる方は日本語の習得も速いことをよく知っている。

だがそれはモンゴル族の方にも言えること。

教えた中のモンゴル族の方の母語はモンゴル語ではなかったので、直接はわからない。
だが後に日本で中国の内蒙古出身のお客様の何人かとお会いすることがあった。
なんと、日本語母語話者のように話す方が多かった。

これらの言語は語順が同じだからという理由だけではないと思う。

(一般の方々に比べると、それほど熱心に勉強しているわけではないのだが)中国語学習者であり、
中国にも住んでいたことがある私から見ると、中国語は一つの言葉で複数のことを表現できる場合がけっこうある。

ところが日本語や韓国・朝鮮語、モンゴル語は表現が多様なのである。

そういうニュアンス的な区別がなんなくできてしまうところもあるからこそ、習得が速かったりするのかもしれない。

韓国語は少しだけわかるのだが、モンゴル語はわからない。
モンゴル語よりは中央アジア言語、それに付随してロシア語のほうの興味が強いのだが、
言語に関係している者として、少しはかじってみたいような気もしている。

ただ昨日も記したが、私の人生も後半に入っている以上、虻蜂取らず的なことは避けたい。



やはり中国南方方言かな

最近は多言語学習のことを記していない。

本来今年は1月にTOEICを受け、初夏にTOPIK初級、9月か12月にHSK6級を受けるつもりでいた。
だがHSK6級があまりに難しく感じたので、TOPIK受験を諦めた。

そういうわけで、12月、1月と初級の半分の復習+αを行った韓国語への興味が薄れている・・・。

ただ中国語普通話だけというのも味気ない。

12月半ばからの有給休暇の消化、1月からこの3月までの再就職活動の合間の殆どを、歯医者などの通院、運動、語学の勉強に費やしてきた。
日中は車が勉強部屋であったことから、聴くラジオはNHK第2が多かった。

私は20代の頃からこの第2がけっこう好きである。
また20代、30代はNHKテレビの語学番組もよく見ていた。
そういうわけで手をつけたことのある言語は多い。

欧州言語もほかっておくのはもったいない。

また、将来また外国に住みたいのだが、中国語が通じて、なおかつ左ハンドルの国であるシンガポールやマレーシアにも目をつけている。
そうなると、英語だけでなくマレー語にも手を出したい。
そこまで考えると、どうせならこの先のマーケットを考えてインドネシア語にしようかなどとも・・・。

ただ私もすでに人生の後半に入っているわけであり、ある程度は要領よく生きなければ時間が足りない。

そこで最近考えたのは、しばらくほかってあった広東語、閩南語、客家語に手を出せば、中国語普通話の勉強にもなるかもしれないということ。
それに東南アジアを考えると、それらの言葉を知っていることは無駄にならない。
少なくとも私が生きている時代は。

本日もそんなことを考えながら、車を運転しながらMP3を聴いていた。
ちょうど“小酒窩”の広東語版を聴いているときに、WeChatにメッセージが入った。
長い信号待ちの時に確認してみると、中国で日本語を教えた女性からの音声一斉メッセージであった。
彼女は広東語母語話者であり、最初に広東語、次に中国語普通話であったのだが、
私は広東語の方を聴いただけで意味がわかった。

この才能(?)をそのままにしておくのももったいない。
それに閩南語の歌もよく聴く。
さらには客家文化もけっこう知っている。

というわけで、中国語普通話の勉強の息抜きとして、中国語南方方言の勉強もしてみたい。

あとはあまり真剣に考えず、気の向くまま欧州言語や東南アジア言語に触れてみるつもりでいる。





語学学習計画の爆破?

今年受けるつもりであった韓国語のTOPIK初級を断念したのはHSK漢語水平考試6級がかなり難しいので。

だが先日とある業界のある職種への復帰をしばらく諦めたことであれこれ考えるところがあった。

もちろん私から中国語を取ったら何も残らないので、その勉強は続けるし、試験も受けていくつもりでいる。

ただなんとなく新しいものが勉強したくなった。
今までの何かに凝り固まった自分を変えたいと思い始めた。

この際一度自分の語学学習計画を爆破してみようかと・・・。

3月26日の中検2級申し込み完了

この3年、自分が立てた外国語学習や試験の計画が狂ってばかりいる。

2013年12月は仕事の量が少なく、やり残してあるヨーロッパ言語の勉強準備段階として、エスペラント語の基礎の復習プラスアルファをした。

2014年2月の今頃は日本に一時帰国をしていた。
その時に、日本帰国後の就職先の選択肢を広げることを考えてポルトガル語の勉強を決意。
1年から1年半あれば多少は覚えられると思ったので。
しかし中国に戻ってしばらくしてから、それよりも興味があったイタリア語にまで手を出した・・・。
まずはとにかくラテン系の言葉を覚えていけば、ポルトガル語もなんとかなるかと思い・・・。

(ポルトガル語であるが、本来は日本語教師養成講座が終わった2014年の秋に教室で勉強する予定であった。
だが急に夜勤が決まり・・・。)

ところが2014年3月下旬にその夏の日本本格帰国が決まり急に慌ただしくなったため、ポルトガル語どころではなくなった・・・。

夏に帰国したのだが、本来は中国に渡ってすぐに決めていたようにHSKを受けるつもりであった。
だが秋に日本語教育能力検定試験を受けた後は仕事が忙しくなり、昨年2016年夏までほかっていた。

その2016年夏にやっと9月にHSK4級、12月に5級受験の計画を立てて勉強開始。
4級は楽に合格し、5級も自分が思ったよりも良い成績であった。

しかし1月上旬になって急に中国語のブラッシュアップが必要になった。
もちろん2017年7月のTOPIK受験を目指して、韓国語初級前半の復習とプラスアルファの勉強も始めていた。
それが1月のTOEICを受けた後に予定を変えることとなった。

それは手に入れたHSK6級のテキストを見て、「このままだと虻蜂取らずになるかも」と感じたので。
それぐらいHSK6級が難しく感じた。

それが原因で3月に受けるつもりであった中国語検定2級もほかってHSKの勉強に集中しようかと考えた。

しかしやはり慌てずに一歩一歩階段を登ってゆこうと決意。
それに本日自分の中国語能力が結構あることに気づき、自分の長所を伸ばすべきだとも考えた。

そういうわけで先ほど思い切って中検2級をネットで申し込んだ。

韓国語の勉強もいつも途中で止まる・・・。
ただ今回は完全に止めたわけではなく、ほんの少しずつは継続している。

必要に迫られて・・・

せっかく日本に帰って来ているのに、韓国語を勉強するときに基本は中国語で書かれたものを用いているのにはわけがある。

今月29日(日)のTOEICを申し込んであるにもかかわらず、あまり真面目に勉強していないのと同じ理由。

12月4日(日)に受けて手に入れたHSK5級の後はとりあえず英語だと決めていた。
だがその中国語を伸ばしておかなければならない事態となったのである。

まあ、そんな状態で(ざーっとなのだが)韓国語を勉強しているのも当然理由がある。

うまくいくかいかないかはやってみなければわからない。

私は死ぬときにあれこれ感じるであろう後悔を少なくしておきたいと思いながら生きている。