HSK6級・・苦労しそうだなぁ

中国語検定2級の勉強のついでに、HSK6級の読解問題も見てみた。

「あのぉー、難しすぎるんですけどぉ・・・」

いくら今年TOPIKを受けることを諦めても、おそらく受けるのはHSKだけではないはずなので、よほど隙間時間を使って勉強してゆかねば・・・。

とはいえ、ここで負けていては中検準1級など夢の向こう。

焦らず少しずつ積み上げてゆくしかないのさ。

沈でもいいんだよ・・・

中国語の簡体字の“沈”(shen3)と“沉”(chen2)。
以前繁体字の場合、“shen3”と“chen2”のどちらも“沈”で表していた。
今でも“沈”で構わないと思うのだが、パソコンやスマホを用いて繁体字で打つと“沉”となる。

昨晩レスリー・チャンの広東語曲“追”を聴き、懐かしさからついWeChatに歌のラストの歌詞を載せた。
“有了你 即使沈睡了 也在笑”と繁体字で記した。
そうわざわざ“沉”を“沈”に置き換えて。

ところが私が日本語を教えたことがある20代後半の美人奥様に「“沉睡”でしょう」とツッコまれた・・・。

「テメェー、俺がKTVで“追”を歌っていたときに俺やスクリーンの文字を見ていなかったんだろ・・・」
と心の中で呟いた私。

その方の母語は広東語であるのだが、生まれも育ちも中国本土。

まあ、仕方がない。
いくら日本語通訳で簡体字だけでなく、繁体字にも触れているとはいえ、機械打ちではたいてい区別されるのだから・・・。

年代の差なのである。

それでもおじさまは自分の青春時代を否定されたようで、少し悲しかった。


話は変わる。

日本に本格帰国をする約半年前の最後の一時帰国の時に気づいた。

「とてもおいしい/すごくおいしい」が「すごい おいしい」と叫ぶタレントさんは多い。
それを見て育つ若い方も公式の場でのスピーチや公式文書に「すごい+形容詞/形容動詞」を悪びれもなく使う世の中。

いくら「小学校の時に国語文法も習っただろが・・・」と思っても、言葉は変わるのである。

私の両親など昔は一部の北海道方言を除き、かなり標準的な日本語を話していたのだが、今は完全な「ら抜き」である。
人生の大半を「ら抜き」の地域で過ごすとそうなるのである。
いまだに味覚は当地の方とは違うのに。

中国語の違い

ほとんど毎日ネットで中国本土以外の中国語母語話者の中国語に触れている。
(もちろん非母語話者の中国語にも。)

YouTuberの配信の場合、聴いていてもあまりなんとも思わない。
しかしこれがニュースやドラマ、歌番組などでの会話となると、「やはり中国本土の普通話とは違う」と感じることがある。

以前仕事で台湾出身のお客様と話している時に「よく中国の方から『中国語がおかしい』と言われることがある」というお話を聞いたことがある。
(決しておかしいわけではないのだが)それは仕方がない話であり、あまり気にすることもないと思っていた。

ただ私のめちゃくちゃ声調やめちゃくちゃ発音の中国語が少しずつ進歩するに従って、意味だけではなく声調や発音の違いもだんだんと耳に残るようになってきた。

私としては今現在世界で一番効力のある中国語の試験がHSKであり、その勉強をしてはいるが、これからは他の地域の中国語にも慣れてゆかなければならないと考えている。

それを仕事で使う、使わないはともかくとして。

まあ2月に入ってからは(求人もぼちぼち増え出だしてきたので)就職活動のほうに力を入れているので、あまり外国語の勉強が進んでいないのだが・・・。

HSK6級 難しいね・・・

昨日名古屋に用事があったので、ジェイアール名古屋タカシマヤの三省堂に寄りHSK6級の公式問題集を買ってきた。

自宅でその中身を見たとき目眩がした・・・。
やはりHSK5級とは大違いである。

これを受けるのは今年の9月か12月という予定に(今のところ)変わりはない。
ただ、もしかしたら7月のTOPIK初級受験は諦める可能性がとても高くなった。

もっとも180点狙いならば、苦手な写書の練習をメインにすればなんとかなるかもしれない。
アウトプットが苦手なので、その練習にもなるし。

だが単に試験通過を狙うだけでは意味がない。
それに今は5級と6級には「合格」という区分がないし。
(あのさ、TOEICやTECCじゃなくレベルごとの設定がしてあるのにそれは困る。特に日本では・・・。)

以前記したが3月に中検2級を受験しようと思っていた。
申込みはまだ間に合うのだが、悩んでいる。

確かにHSKの勉強にもなるし、HSK(や他の外国語国際試験を知らない方が多い)日本ではかなり有効になると思う。
これが20代のように働きながら、大学に通い、なおかつ国家試験を受けていた時期のように頭脳の黄金時代ならば良いのであろう。

しかし頭も体力も衰えているおっさんは悩んでしまう。
おまけに現在再就職活動中であり、先のことはわからない・・・。

と言いながらも、台湾の華語文能力測検(TOCFL)にはしっかりと興味を持っている。

(TOCFLはともかく、いまだにHSKを知らない中国と取引がある日本の企業もある・・・。
それを知っているので中検2級や準1級を考えたのだが、それを知らずに採用しようという企業を受けるチャンスもないかと・・・。)

他には英語も大切だと思っている。
しかしこれについてはついでに覚えられたらとも思っている。

行動計画を勉強してここまで来たわりにはけっこういい加減な私・・・。







自己紹介の中国語で準備していたものを捨てた結果

中国にいた頃面接などで中国語を使ったこともある。

現在の私は当時よりも中国語がわかるのだが、逆にとっさに話せなくなることも増えたような気がする。

やはり常に会話のキャッチボールをしていなければ駄目なのだと感じる。

もうひとつのブログにも記したが、今回はやりとりではなく自己紹介のときに失敗をやらかしている。

(こんなこと別にたいしたことではない。まあ結果には響くであろうが。)

それでも頭が2回も真っ白になった割には最後にキメ台詞を吐くことができた。
ちなみに当然自己紹介も準備はしてあった。
ただは面接中のやりとりから、とっさに作り直したという次第。